Blog
人工知能・AIブログ

2020年6月22日

AI(人工知能)事例集 vol.199 山火事をより正確に予測するためのAIの活用

近年、特に干ばつに悩まされているアメリカ西部では、山火事のリスクがより大きくなっているため、山火事のリスクをより正確に評価し、火災が発生してからより早く警報を鳴らすために、人工知能(AI)が利用されているといいます。

山火事対策としてのAIプログラム

例えば、ネイチャー・コンサーバンシー(Nature Conservancy)は、カリフォルニア州のシエラネバダの山火事の影響を受けやすい森林で、制御された燃焼技術を使用しています。今年の夏には、タホ湖近くの28,000エーカーの区画で、間伐計画がどれだけ火災を防ぐことができるかを評価するためのAIプログラムのテストを計画しています。

「人間の頭脳に完全に取って代わるものはないだろうが、AIはより広い範囲でより良い判断を下すのに役立つだろう」と、ネイチャー・コンサーバンシーの森林生態学・火災マネージャー、エドワード・スミス氏は述べています。

AIプログラムでは、間伐前と間伐後の作業の衛星画像を使って評価を行います。これは、森林の写真をより多く撮影している小型衛星と、データを処理するために必要な強力なコンピューターが利用できるようになったことで可能になりました。

マイクロソフトが2017年に発表した「AI for Earth」は、人工衛星からのデータを処理するためのAIツールをクラウドサービスとして一般の人が利用できるようにしたもので、この作業に弾みをつけました。マイクロソフトは、山火事の予防を含む特定の問題のための研究の費用を負担するのに役立ついくつかの助成金を発行しています。

森林の地図化へのAIの活用

サンフランシスコのSilviaTerra LLC社は、米地質調査所と米航空宇宙局(NASA)が運営する『ランドサット』プログラムなどの衛星からのデータをもとに、約1年前からマイクロソフト社のネットワークを利用して国有林の地図を作成し始めました。同社は、間伐作業の指針となるベースマップと呼ばれるプロジェクトのために、4億エーカー以上の森林を地図化したいと考えているといいます。

サンフランシスコのサロ・サイエンス社は、枯れ木や枯れ木の分析に基づいて、山火事のリスクが最も高い地域を地図化するために、AIを組み込んだ製品を開発しています。同社が注力しているのはカリフォルニア州で、10年前の5年間の干ばつで推定1億5000万本の木が枯れたとされます。

スタンフォード大学からの最近のプレスリリースによると、同様の研究では、水文学、リモートセンシング、環境工学の専門家からなるチームが、コロラド州、モンタナ州、テキサス州、ワイオミング州から太平洋岸までの西部12州の燃料水分レベルを詳細にマップするディープラーニングモデルを開発しました。

論文の主著者であるスタンフォード大学の地球システム科学の博士課程の学生であるKrishna Rao氏は、このモデルが火災管理の決定に使用されるためには、より多くのテストが必要であるが、以前は見えなかったパターンを明らかにしていると述べています。時間が経てば、このモデルは所定の山火事の候補地をチャート化するのに役立つといいます。

スタンフォード大学のモデルは、膨大な量のデータのパターンを認識できるAIシステムであるリカレント・ニューラル・ネットワークを使用しています。科学者たちは、1970年代以降、約20万件の測定値を手作業で丹念にまとめた全米燃料水分データベースのデータを使用してモデルを訓練しました。研究者たちは、地球上で跳ね返ってくる可視光と、葉っぱの枝から地面まで貫通するマイクロ波レーダー信号の反射の測定値を加えました。

【考察】自然災害におけるAIの役割

アメリカのように多くの森林を持つ国にとって、山火事は大きな問題です。

AIによる間伐計画の評価や、森林の地図化のように、膨大なデータを処理できるAIの活用は、山火事のみならず、様々な自然災害を予期し、対策していく力になるかもしれません。

参照元:AI Being Employed to Predict Wildfires with Greater Accuracy

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

Contact

お問い合わせ

人工知能・AIに関してのお問い合わせは
フォームまたはお電話にて。
フォームに必要事項をご入力の上、
「送信」ボタンを押してください。
担当者より、
回答・返信させていただきます。

人工知能・AI

すべての項目が入力必須となります。

名前
貴社名
メールアドレス
電話番号
ご予算
お問い合わせ内容

NAGOYA

名古屋オフィス

愛知県名古屋市中区丸の内1-17-19
キリックス丸の内ビル 5F

TEL:052-253-9866

Map view

TOKYO

東京オフィス

東京都千代田区神田錦町1-21-2
大手町モダンビルディング 4F

TEL:03-3525-8640

Map view