Blog
人工知能・AIブログ

2020年1月15日

AI(人工知能)事例集 vol.149 GoogleのAI、局地的な雨の降水パターンを瞬時に予測

局地的な雨の降水パターンを瞬時に予測することが可能なGoogleのAIシステムの事例について紹介します。

優れたシステム

GoogleはAIと機械学習を活用することで、現地の天気を迅速に予測したいと考えており、同社の論文とそれに付随するブログ記事で詳しく説明をしています。
このAIシステムは人工衛星の画像を使って「ほぼ瞬時に」高解像度の予測を行うシステムで、研究チームによると従来のモデルより性能が優れているそうです。
また、このシステムはデータ駆動型で物理学に依存をしない気象モデリング手法を採用しており、これは事前に知識を取り入れて学習するのではなく例だけから大気物理学の近似することを学びます。
この機能を支えているのが畳み込みニュートラルネットワークで、これは天候パターンの入力画像を取り込み、それを新しい画像に出力するそうです。

U-Net

Googleの研究者の説明によるとこの畳込みネットワークは、各層が数学演算の集合である一連の層から構成されており、この場合はU-Netと呼ばれています。
U-Netとは、画像のセグメンテーションのためのアルゴリズムであり、本来は医療用に開発されたものだそうです。
今回の事例ではそのシステムを応用し、天候の予測のための画像生成に活用されています。

【考察】システムの応用

近年、局地的な豪雨の被害が増えており事前に予測ができたらと思うことがありますよね。
こういったシステムが日常生活で活用されたら少しでも対策を取ることができて良いのではないかと思います。
また、このAIシステムで活用されている技術は本来であれば医療用として活用するためのものだったそうですが、今回は天候の予測のために使われており、AIシステムの汎用性の高さを感じますね。
今後も益々この技術が進んでいくことに期待しています。

参考:Google’s AI predicts local precipitation patterns ‘instantaneously’
参考:U-Net: Convolutional Networks for Biomedical Image Segmentation

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

Contact

お問い合わせ

人工知能・AIに関してのお問い合わせは
フォームまたはお電話にて。
フォームに必要事項をご入力の上、
「送信」ボタンを押してください。
担当者より、
回答・返信させていただきます。

人工知能・AI

すべての項目が入力必須となります。

名前
貴社名
メールアドレス
電話番号
ご予算
お問い合わせ内容

NAGOYA

名古屋オフィス

愛知県名古屋市中区丸の内1-17-19
キリックス丸の内ビル 5F

TEL:052-253-9866

Map view

TOKYO

東京オフィス

東京都千代田区神田錦町1-21-2
大手町モダンビルディング 4F

TEL:03-3525-8640

Map view