AI(人工知能)事例集 vol.109 生活をより豊かにするAI
30 August,2019

AI(人工知能)事例集 vol.109 生活をより豊かにするAI

腰痛に苦しんでいる73歳のGrandpa Jiangは、浦東新区の新しいシニアケアセンターで「親友と助手」を見つけました。
普通の車椅子のように見えますが、ハンドル操縦することができ、特に高齢者や手術から回復している人向けに設計されている、UFUというロボットを紹介します。

UFUロボットの導入

このセンターは、浦東の日常生活に人工知能を導入している例です。
現在、380以上のAI関連企業が浦東にあり、これは市の合計の3分の1です。強力な高度な製造業、チップ、5G産業により、浦東はエコシステムとAIを開発する才能に優れていると地元当局者は述べています。
UFUを導入している施設では、ビッグデータ、5G、オンライン診断(医師と)およびロボットなどの技術が採用されています。たとえば、地域の高齢者のデータベースは、年齢や健康状態に基づいて確立されており、さまざまなヘルスケアサービスを提供しています。

先端施設から広がるAI

また、施設の近くのショッピングモールには、AIを備えた小売店やレストランがあります。
例えば、「マジックミラー」のシステムでは、消費者はさまざまな衣服を数秒で試着でき、手を振るだけで衣服をディスプレイ上で切り替えられるそうです。フィッティングルームを使用しなくても自分が着た時の印象が瞬時に判断できます。
さらに、モール内のいくつかのレストランでは、ロボットウェイターが消費者にサービスを提供する日が近いといいます。

【考察】試験的な導入と広がり

この記事では、高齢者やリハビリ中の患者を対象にしたロボットから、そのロボットを利用している施設の周りもAIが導入されていく例でした。
これから試験的に導入されていき、ブラッシュアップを重ね私たちのすぐそばにも広がっていくのが楽しみですね。

生活をより豊かにするAI

カテゴリー:ブログ , ロボット

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。
本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

mieru