Blog
人工知能・AIブログ

2019年11月26日

AI(人工知能)事例集 vol.128 フィンランドのパートナーシップが歩行者安全システムを開発

フィンランドの大手ITサービスおよびソフトウェア会社のティエトが、歩行者の安全性を向上させる為のシステムを開発した事例について紹介します。

システムの仕組み

Smart Tampere開発プログラムの6Aika CityIoTプロジェクトの一環として開発されたこのシステムは、AIとIoT技術を使って、歩行者が交差点で横断しようとしているところを、自動的に検出するそうです。
これはフィンランドのタンペレの交差点交通カメラフィードを、車両と歩行者を監視するAIシステムに接続することで、歩行者が横断歩道を横断し始めていることを検出すると警告を発します。
そしてこれは自動交通標識などの接続されている他のシステムに、中継することができるそうです。
このシステムの検出精度は理想的な条件下で99%、夜間では75%だったそうです。

役立つこと

ティエトのプログラムディレクターによると「人工知能によって既存の交通監視技術を強化する事で、事故のリスクをより特定することができる。特に視界が限られている場所では、このシステムは事故防止に役立つ。このような認識システムは、都市部における自律車両の安全性の重要な要素となる。」と述べているそうです。

【考察】不注意による事故

車の運転手の不注意だけでなく、車の運転手が気をつけていたとしても、突然歩行者が飛び出してきたり、車の確認を怠って横断してしまい、事故になりそうな場面を見かけることがありますよね。
そういった歩行者や運転手の不注意による事故が、AIを活用することで少しでも減らせることができたらいいですね。

Finnish partnership develops AI and IoT-based pedestrian safety system

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

Contact

お問い合わせ

人工知能・AIに関してのお問い合わせは
フォームまたはお電話にて。
フォームに必要事項をご入力の上、
「送信」ボタンを押してください。
担当者より、
回答・返信させていただきます。

人工知能・AI

すべての項目が入力必須となります。

名前
貴社名
メールアドレス
電話番号
ご予算
お問い合わせ内容

NAGOYA

名古屋オフィス

愛知県名古屋市中区丸の内1-17-19
キリックス丸の内ビル 5F

TEL:052-253-9866

Map view

TOKYO

東京オフィス

東京都中央区日本橋本町2丁目3番15号
共同ビル新本町 4階 43号室

TEL:03-3525-8640

Map view