AI(人工知能)事例集 vol.91  世界初 歩き方で人を識別するAI
30 July,2019

AI(人工知能)事例集 vol.91 世界初 歩き方で人を識別するAI

中国のAI(人工知能)開発企業「銀河水滴科技」が、世界初の歩行姿態識別インターネットシステム「水滴慧眼(Shuidi Huiyan)」を発表しました。

 
動画は以下より。

歩き方で人を識別

このシステムは、歩き方の情報データベースの構築、歩き方の識別、歩き方の検索、広範囲追跡などの機能を備えています。銀河水滴の黄永禎・最高経営責任者(CEO)は、同システムは、対象者が顔を隠しても、あるいは背中をシステムのカメラに向けても、50メートル内で人物を特定できると話しています。識別の精度は94%に達し、駅や空港、博物館、学校、観光スポット、ショッピングモール、原子力発電所などでの警備に、同システムが最適だといいます。

大量のデータを学習

190730

同社は2015年にすでに、1万人以上の国民の歩き方と季節ごとに各角度から捉えた体型などのデータを集めており、中国メディアによると銀河水滴科技の歩行識別システムは湖北省、広東省、上海市などの各地で導入さているとのことです。

 

【考察】高い精度ゆえの懸念

この技術を使えば、顔が隠れている人物を判別することや、監視カメラなどでは特定しきれない人物の特定に至ることが可能になります。中国国内に設置された監視カメラからAIが人間の歩行データを取得して学習しているとのことで、便利な反面プライバシーの侵害なども懸念されます。
 

 

水滴慧眼ーYouTube
水滴慧眼

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。
本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

mieru