Blog
ブログ

2019年1月20日

AI(人工知能)事例集 vol.5 マイクロソフト社が「Seeing AI」を公開

AI(人工知能)事例集 vol.5 マイクロソフト社が「Seeing AI」を公開

昨年の5月、マイクロソフトは、対象物を写すとその物について説明してくれるアプリ「Seeing AI」をiOS向けに公開しました。アプリを起動し、iPhoneのカメラを好きなものに向けるだけで、写っているものが何なのかを瞬時に判断するというものです。

 

動画は以下より。

Seeing AIアプリとは

「Seeing AI」は無料で公開されているアプリで、誰でも使うことができます。アプリが人の目や脳の代わりをしてくれるなんて、初めて聞くと魔法のように思われますが、使い方は至って簡単で、対象物を写せばその物について説明してくれるという優れもの。ただし、現状ではiOS版のみで日本語対応はしておりません。

AI(人工知能)の進化を肌で感じられる

例えば、机の上にあるカップを写すと「カップがある」と、ノートPCを写すと「ラップトップが机の上にある」と判断します。外でツツジを写せば「ピンクの花が庭園にある」と、紙幣を写せばそれが何ドルなのかを瞬時に判断します。現状、Microsoftからすると風景や貨幣の判断は「実験的な機能」と位置づけられており精度はまだ低いそうですが、「スマホのカメラが人間の目の代わりになる」可能性を大いに秘めています。

 

【考察】AI(人工知能)は本当に人の目や脳の代わりになれるのか

「目の不自由な人を支援できるコンピューター」という一つの希望が、AI(人工知能)によって実現になりつつあります。Microsoft以外にも多数の企業(Apple、Google、Facebook、Amazon)が類似のプロジェクトに取り組んでいるとのことなので、ここから発展して、AR機能の付いたヘッドマウントディスプレイや、メガネ型デバイス、将来的には、コンタクトレンズぐらいのサイズになって、人間の目や脳を補完するか、人間の器官以上の存在になることを期待したいです。

 

Seeing AI app from MicrosoftーYouTube
Seeing AI

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

Contact

お問い合わせ

人工知能・AIに関してのお問い合わせは
フォームまたはお電話にて。
フォームに必要事項をご入力の上、
「送信」ボタンを押してください。
担当者より、
回答・返信させていただきます。

人工知能・AI

すべての項目が入力必須となります。

名前
貴社名
メールアドレス
電話番号
ご予算
お問い合わせ内容

NAGOYA

名古屋オフィス

愛知県名古屋市中区丸の内1-17-19
キリックス丸の内ビル 5F

TEL:052-253-9866

Map view

TOKYO

東京オフィス

東京都中央区日本橋本町2丁目3番15号
共同ビル新本町 4階 43号室

TEL:03-3525-8640

Map view