AI(人工知能)事例集 vol.104 サムスンの新しいAIテクノロジー
22 August,2019

AI(人工知能)事例集 vol.104 サムスンの新しいAIテクノロジー

サムスンのAIセンターが実施した最新の研究では、人の顔の静止画像のみからリアルな動きを再現できるシステムの作成に特に注目しました。
これは、絵画または通常の写真の静止画像を使用して、話しているように見せることができます。

よりリアルな動きにすることで見えてくる可能性

人間の生活のようなコミュニケーションの一部を仮想世界および拡張世界にシフトすると、いくつかのプラスの効果があります。
例えば、長距離の移動と近距離の通勤の減少につながること、教育を民主化し、障害のある人々の生活の質を向上させること、距離で分けられた両親や友人を近くで感じられることなどです。これらのすべての効果を達成するには、ARとVRでの人間のコミュニケーションを可能な限り現実的で説得力のあるものにする必要があります。

【考察】自分自身が動かずに物事が進む時代

「写真が動く」というものは以前から開発されており、現在では手軽なアプリケーションになり誰しもが利用できるようになっている。また、ヴァーチャルな空間で会話をすることなど今や容易になってきました。今回の技術では、1フレームの画像により、3Dモデルのような動き方が可能だということが分かりました。私たちが容易に利用できる時が来るとしたら、自分が動かなくてもよりスムーズに物事を進めることが出来るかもしれません。

サムスンの新しいAIテクノロジー

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。
本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

mieru