Blog
人工知能・AIブログ

2019年6月9日

AI(人工知能)事例集 vol.68 ロボットが人間の動きを見て学習する「PR2」

人間の動きを観察しながら、“経験”を蓄積して学ぶことで、人間と同じような動作ができるAI(人工知能)ロボット「PR2」研究が米大学で進んでおり、今回はその事例をご紹介させていただきます。

 

動画は以下より。

人間の動きを真似するAI(人工知能)ロボット「PR2」

ロボットに何か新しいことを教え込むのは、骨の折れる作業です。例えばリンゴを拾い上げさせるだけでも、多くのコードや、ジョイスティックを使ったチュートリアルが必要になります。カリフォルニア大学バークレー校で行われている新たな研究では、一度の挑戦で人間のやったことを同じようにやってのけるAI(人工知能)ロボット「PR2」を開発しました。

 

AI(人工知能)ロボットが経験から結果の導き方を学ぶ

カリフォルニア大学バークレー校で機械学習を研究するチェルシー・フィンは、「これまでの機械学習システムの多くは、まったくのゼロから学習することに重点が置かれてきた」と語っております。歯ブラシの使い方を例にあげて説明します。大人が歯の磨き方を知っているのは、子供の頃に親が手本を見せてくれたからです。水で濡らした毛の部分に歯磨き粉を載せ、口に入れ、そして磨きます。この経験を応用すれば、デンタルフロスの使い方も自分で身に付けられる。歯の間には隙間があることも、歯がどこにあるのかもわかっている。口の中をきれいにするには、道具を使わなければならないのも理解している。多少の違いはありますが原理は同じですね。

 

【考察】ロボットに簡単に仕事を教えられる日が来る?

今回ご紹介した研究が実用化することによって、一番イメージしやすいのは家庭用ロボットではないでしょうか。重たいものを運ぶ、お茶を入れるなどの簡単な作業は、人間がAI(人工知能)ロボットに動きで覚えさせるだけで完了します。今後、人間がもっと自由になるためのAI(人工知能)に拍車が掛かる中、さらなる発展を期待しています。

 

 

BRETT the Robot learns to put things together on his ownーYouTube
wired

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

Contact

お問い合わせ

人工知能・AIに関してのお問い合わせは
フォームまたはお電話にて。
フォームに必要事項をご入力の上、
「送信」ボタンを押してください。
担当者より、
回答・返信させていただきます。

人工知能・AI

すべての項目が入力必須となります。

名前
貴社名
メールアドレス
電話番号
ご予算
お問い合わせ内容

NAGOYA

名古屋オフィス

愛知県名古屋市中区丸の内1-17-19
キリックス丸の内ビル 5F

TEL:052-253-9866

Map view

TOKYO

東京オフィス

東京都中央区日本橋本町2丁目3番15号
共同ビル新本町 4階 43号室

TEL:03-3525-8640

Map view