Blog
人工知能・AIブログ

2020年8月26日

AI(人工知能)事例集 vol.212 香水メーカーにおけるAIの活用方法

現在、人工知能 (AI) が香水業界に浸透し始めているといいます。

企業は、より多くのベストセラーを生み出し、短時間でユニークな香りを作るために、テクノロジーにますます目を向けるようになってきています。

ジヴォーダン・フレグランス社の 「Carto」

昨年、スイスに拠点を置くフレグランス開発会社ジヴォーダン・フレグランス社は、調香師の支援のための人工知能を搭載したツール「Carto」を発売しました。

このツールは機械学習を介して、香水の成分の組み合わせを提案することができます。

調香師はタッチスクリーンを使って、ブランドの膨大なライブラリーにある香りの公式データを使って、さまざまな香りを組み合わせることができます。小さなロボットが香りをすぐに香水に加工してくれるので、調香師は新しい香りを簡単に試すことができます。

Symrise社の「Philyra」

ドイツのフレグランスハウスSymriseは、IBMリサーチと提携して、ギリシャの香水の女神にちなんで名付けられた「Philyra」と呼ばれるAIを作成しました。このツールは公式データや顧客データを研究して新しい香りを生成するといいます。

Symriseの副社長 クレア ・ ヴィオラ氏は次のように述べています。「機械学習は、時には結果が間違っていることがあるが、テストを重ねれば重ねるほど改善されていきます。常にトレーニングが必要です。」

「AIの良い点は、人間が思いつかないような 香りの選択や面白い組み合わせを思いつくことです。」

200万近くのアロマ処方のデータベースを持っていることを考えると、香りや組み合わせの幅が広がる可能性は非常に大きいものです。2019年、ブラジルの化粧品会社O BoticárioはSymriseと協力して、人工知能を使った初のフレグランスを発売しました。

ScenTronix社の事例

オランダのブレダにある ScenTronix 社は、顧客が答えるアンケートに基づいて、自分だけの香りを作ることを可能にしています。

人生における自分の役割をどのように考えているか、どのような環境で育ったかなどの質問に答えた後、アルゴリズムがデータを分析し、7分以内に顧客のためのユニークな香水を作成します。顧客は5つのサンプルを30ユーロで購入できます。

ScenTronix の共同設立者 Frederik Duerinck氏 は、今の自分を反映した香水を身につけてもらいたいと考えていたと言います。

【考察】香水メーカーにおけるAIの活用と調香師の必要性

これらのAIツールは必ずしも調香を行う人間の仕事をそのまま替わるものではなく、支援するものとして開発されています。

香水メーカーが有する膨大なデータから、AIが新たな組み合わせを提案することで、今までになかった商品が開発されるというのも、大きなメリットであるといえるでしょう。

参照元:The perfume makers that can’t smell a thing

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

Contact

お問い合わせ

人工知能・AIに関してのお問い合わせは
フォームまたはお電話にて。
フォームに必要事項をご入力の上、
「送信」ボタンを押してください。
担当者より、
回答・返信させていただきます。

人工知能・AI

すべての項目が入力必須となります。

名前
貴社名
メールアドレス
電話番号
ご予算
お問い合わせ内容

NAGOYA

名古屋オフィス

愛知県名古屋市中区丸の内1-17-19
キリックス丸の内ビル 5F

TEL:052-253-9866

Map view

TOKYO

東京オフィス

東京都千代田区神田錦町1-21-2
大手町モダンビルディング 4F

TEL:03-3525-8640

Map view