AI(人工知能)事例集 vol.81 米マクドナルド、AI導入で売り上げアップ目指す
16 July,2019

AI(人工知能)事例集 vol.81 米マクドナルド、AI導入で売り上げアップ目指す

外食チェーン最大手のマクドナルドは2019年3月、人工知能を利用して顧客別にパーソナライゼーションを提供するプラットフォーム開発のダイナミック・イールド(Dynamid Yield)を買収したことを発表しました。

 
動画は以下より。

AIでメニューの提供を最適化

2011年創業のダイナミック・イールドは、AIを使い利用者ひとり一人に最適な買い物体験をもたらすパーソナライゼーション・ツールを提供している企業です。
マクドナルドがダイナミック・イールドを買収した理由は店内キオスクやドライブスルーにあるデジタルメニューボードを最適・強化するため。天候や時間、店舗の客数や混雑具合、近くで行われているイベント、さらには前年同日の売上データ等のトレンドに応じて、メニューボードに表示するメニューを変更することが可能になります。さらに顧客が購入したメニューに基づいて、おススメの追加メニューも即座に提示するといいます。

 

今後のさらなる展望

190716_02a

AIによるパーソナリゼーションは、デジタルメニューボードのみではありません。マクドナルドでは、同社のアプリで注文と決済を事前に済ませておくことで混雑時のレジ行列に並ぶことなく商品を受け取れる「モバイルオーダー&ペイ(Mobile Order & Pay)」を行っています。モバイルアプリや会員プログラムを使って顧客をトラッキングしおすすめメニューを提案するなど、個々の顧客に最適な体験を提供することで顧客単価を上げる取り組みをしています。

米マクドナルドは、2018年にドライブスルーでこのテクノロジーのテストを既に開始しており、2019年にドライブスルーにこのAIを組み込み、その後は国際的にも展開していく予定です。さらにAI技術はセルフサービス機器とアプリにも組み込む予定だそうです。昨年この技術をすでに、3万8000店舗でテストしています。

 

【考察】新しいサービスの形

現在海外の飲食店・大手ファストフード店では、セルフでメニューの選択・決済を行える機器が多く登場しています。AI搭載の機器を用いて人件費の削減ができるだけでなく、最適なメニューの提案をしてくれることで売上のアップにもつながり、メニューに悩む顧客にとってもより便利に店舗を利用することができますね。日本でも近いうちに導入される日が来るかもしれません。

 

 

Fast-Tracking Our TransformationーYouTube
米マクドナルドがAI導入

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。
本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

mieru