AI(人工知能)事例集 vol.33 AI(人工知能)が似合うメガネを判断する「 JINS BRAIN」
01 March,2019

AI(人工知能)事例集 vol.33 AI(人工知能)が似合うメガネを判断する「 JINS BRAIN」

 ジェイアイエヌが展開するアイウエアブランド「ジンズ(JINS)」が、AI(人工知能)による機械学習を取り入れた商品レコメンドサービス「ジンズ・ブレイン(JINS BRAIN)」の事例をご紹介します。

 

動画は以下より。

JINS BRAIN(ジンズ・ブレイン) を開始

JINSは、メガネの高精度3D試着サービス「ジンズ バーチャルフィットオンライン上でのメガネのバーチャル試着を提供しています。これに続く新サービスの「ジンズ・ブレイン」では、約3,000人の同社スタッフが6万枚に及ぶ画像データを評価することで「ジンズ」オリジナルのAIを開発。男性型と女性型の異なるAI(人工知能)が、メガネをかけた人の顔画像からメガネの「マッチ度」を算出します。

 

オリジナルAI(人工知能)を作成できる機能も搭載

パソコンやスマートフォンからバーチャル試着を行い、同サービスを受けることができるほか、ユーザー自身でオリジナルAI(人工知能)を作成できる機能も搭載しています。JINSサイト上に作成した自分のAI(人工知能)で友人や家族を評価したり、AI(人工知能)をSNS などでシェアすることができます。

 

【考察】AI(人工知能)が客観的に判断してくれる

まず、このアプリ自体が無料で体験できるということが良いと思います。また、客観的な視点でメガネが似合うかどうかの判定をして貰い、その評価を見て購入するかどうかを決断できる訳ですから、お店側とすれば接客時間の短縮にもなりますし、お客様も店頭で悩むことも少なくなると思います。メガネ=ファッション(個性)と考える方もいるので一概には言えませんが、来店前に一度試す価値はありそうですね。

 

 

-メガネの次世代型ショールーミング店舗- JINS BRAIN Lab.ーYouTube
JINS BRAIN

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。
本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

mieru