Blog
人工知能・AIブログ

2019年11月19日

AI(人工知能)事例集 vol.123 AIが子供やペットを灼熱の車内から守る

カナダの科学者がAIを活用して、灼熱の車内に取り残された
子供やペットを死から守るセンサーを開発した事例を紹介します。

命を守る小さな機械

この装置はレーダー技術と人工知能を利用して、
車の中で子供やペットが取り残されてしまった時に警報を発するものです。
カナダにある大学の科学者によると、このセンサーは約1cmの大きさで
車の天井やバックミラーに取り付けることができ、システムに搭載されているレーダー信号は
車の中にいる人や動物に反射され、その結果をAIが分析し警報を出すか決定するそうです。
そしてドアがロックされるのを防ぎ、運転手と付近の人々に警告する警報を鳴らします。

子供とプライバシーを守る

自動車熱射病の犠牲者の大多数(87%)は3歳以下であり、そのうちの半数以上が1歳以下だそうです。
この犠牲者の年齢が低いことの原因は後部座席の普及により、子供たちが運転手の視界に入らず
効果的なコミュニケーションができないことではないかと指摘されています。
しかし、このシステムは「レーダーが座席を貫通できる為、幼児がいるかどうか判断でき死角がない。
そしてカメラとは違い、プライバシーを保護することができる。」と同大学の教授が述べているそうです。

【考察】機械の助けで命を救う

毎年、夏には異常に暑い日が多くなってきており熱中症や熱射病で犠牲になる方が多くいます。
どれだけ気をつけて見ていたとして、そのような事故は無くなりません。
また、故意に置き去りにするという事例も少なからずあります。
自分の家族や友人、近所の人がその犠牲者の一人とならないよう、
万が一の備えとしてこういったシステムが世界中に多く普及する時代がくるといいですね。

Scientists develop sensor to save children and pets from hot car deaths

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

Contact

お問い合わせ

人工知能・AIに関してのお問い合わせは
フォームまたはお電話にて。
フォームに必要事項をご入力の上、
「送信」ボタンを押してください。
担当者より、
回答・返信させていただきます。

人工知能・AI

すべての項目が入力必須となります。

名前
貴社名
メールアドレス
電話番号
ご予算
お問い合わせ内容

NAGOYA

名古屋オフィス

愛知県名古屋市中区丸の内1-17-19
キリックス丸の内ビル 5F

TEL:052-253-9866

Map view

TOKYO

東京オフィス

東京都中央区日本橋本町2丁目3番15号
共同ビル新本町 4階 43号室

TEL:03-3525-8640

Map view