AI(人工知能)事例集 vol.60 英語文校正ツール「Grammarly」
24 April,2019

AI(人工知能)事例集 vol.60 英語文校正ツール「Grammarly」

英語で文章を書く機会が多い方は、スペルチェックに結構な時間を費やしていると思います。今回は、自分で英語を書く際のスペルミスや文法などをAI(人工知能)が校正してくれる最強ツール、「Grammarly (グラマリー)」をご紹介します。

 

動画は以下より。

Grammarlyの修正能力

動画の30秒あたりをご覧いただくと、実際のGrammarlyの使用イメージが理解できます。スペルミスやコンマ、アポストロフィの抜け漏れをAI(人工知能)が猛スピードで修正しています。これなら英語でのメッセージ対応も、自信をもって対応できます。

 

Grammarlyが解決してくれること

スペルミスやタイプミス・文法の間違い・単数形複数形の間違い・aやtheなどの冠詞の抜け漏れ・前置詞の抜けや誤用・コンマやアポストロフィーなどのスタイル調整。これらすべてを一瞬かつ素晴らしい精度でAI(人工知能)が指摘し、クリック一つで修正してくれます。

 

【考察】英語学習にも使える

英語学習者は、間違った箇所について、なぜその修正が必要なのかをきちんと確認することで更なるレベルアップが期待できます。今回ご紹介したツールのように、AI(人工知能)は頼もしい味方ですが、機能に頼り切るのではなく、共存する考え方が重要だと思います。

 

 

Words to Travel the World | GrammarlyーYouTube
liginc

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。
本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

mieru