Blog
人工知能・AIブログ

2020年4月21日

AI(人工知能)事例集 vol.167 処方箋の誤りを防ぐ、グーグルの最新AI

グーグルとカリフォルニア大学の研究者が開発した新しいAIシステムは、処方の誤りによる死亡事故を防ぐことができる可能性があるといいます。

医療予測にAIを活用する取り込み

非常に稀ではあるものの、誤った処方箋、また患者の服用中の薬に対して影響のある処方によって、患者は入院や死に至る可能性があります。

研究員のAlvin Rajkomar MD氏と、Google AIのプロダクトマネージャーEyal Oren PhD氏は、医療予測にAIを活用する取り組みを明らかにしました。

AIは、特定のパラメータに基づいて、患者がどのような状態で治療を受けているかを予測することができるといいます。例えば、医師が体温の上昇、発熱、咳のある患者にセフトリアキソンとドキシサイクリンを処方した場合、モデルはこれらを肺炎の治療を受けていると識別することができます。

将来的には、処方されている薬が、患者の現在の状況に対して誤っているとAIが判断する場合があります。

AIへの投薬記録データの活用

「医師、看護師、薬剤師は患者に危害を加えるようなミスはしたくないが、研究によると、入院患者の2%が、生命に関わる重大な、薬関連の事件を経験している。」と研究者は述べています。

また、限られた時間で患者に適切な薬を決定することは複雑であり、医師や薬剤師は、その技術を習得するのに何年もの訓練が必要です。

AIは、10万人以上の入院患者の約300万件の投薬記録を匿名化されたデータセット上で訓練されており、今後も実用化に向けた開発が進められるとのことです。

【考察】安全な医療を保障するAI

医療において、ミスというものは、決してあってはならない重大な課題です。

しかし現実において、処方箋の履歴の管理にはお薬手帳の携帯や、患者の申告が不可欠であり、その中で完璧に安全な医療を行うことは困難な部分もあります。

AIが導入されることで、医師や薬剤師が的確な医療を行えることは、双方にとってのメリットになると言えるでしょう。

参考:https://artificialintelligence-news.com/2020/04/03/google-latest-ai-prevent-deaths-incorrect-prescriptions/

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

Contact

お問い合わせ

人工知能・AIに関してのお問い合わせは
フォームまたはお電話にて。
フォームに必要事項をご入力の上、
「送信」ボタンを押してください。
担当者より、
回答・返信させていただきます。

人工知能・AI

すべての項目が入力必須となります。

名前
貴社名
メールアドレス
電話番号
ご予算
お問い合わせ内容

NAGOYA

名古屋オフィス

愛知県名古屋市中区丸の内1-17-19
キリックス丸の内ビル 5F

TEL:052-253-9866

Map view

TOKYO

東京オフィス

東京都千代田区神田錦町1-21-2
大手町モダンビルディング 4F

TEL:03-3525-8640

Map view