AI(人工知能)事例集 vol.75 glueckが開発した 渋滞予測AI
04 July,2019

AI(人工知能)事例集 vol.75 glueckが開発した 渋滞予測AI

glueck社が開発した「Glueck Traffic」
このglueck trafficを使用すると、リアルタイムな車両の流れと認識し、車両数のカウント-分類-レポートまでを割り出すことができます。


 

人工知能によるインフラ整備

Glueck Trafficは、自動車を3つのカテゴリ(自転車、自動車、大型車)に分類します。 ハードウェアは、インテリジェントビデオ分析ボックスとカメラで構成されています。 一度インストールされると、ボックスはすべての処理を実行し、リアルタイムでクラウドにデータを送信します。 この製品は、24時間365日稼働するように設計されています。この技術は、道路上の自動車を数え分類し、どこでも多方向の自動車に関する1日24時間利用可能なレポートを生成します。
Glueck Trafficはどこにでも設置することができ、駐車場管理、インフラ計画、交通監視に関するリアルタイムの洞察を提供します。

車両分析

車両の数え上げと分類(バイク、車、大型車)、屋外広告の表示回数の見積もり、スピード解析、車速を測定するデータ分析、どこからでも簡単にアクセスできるクラウドベースのダッシュボード。これらの機能がtrafficに備わっているそうです。

【考察】渋滞予測をAIで

Glueck Trafficの利点として24時間動作すること、プラグアンドプレイインストールによる自動設置、予測モデリングが可能になりました。これらを駆使すれば、渋滞情報が簡単に手に入るのと、駐車場などの混雑を避けることができたりとインフラ整備に役立てることができますね。

 

glueckが開発した 渋滞予測AIYouTube
glueck

カテゴリー:ブログ
タグ: , ,

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。
本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

mieru