Blog
人工知能・AIブログ

2019年11月27日

AI(人工知能)事例集 vol.129 映像から人の行動を認識する行動分析AI技術を富士通が開発

富士通が映像から、人の行動を認識し、分析するAI技術「Actlyzer」を開発した事例を紹介します。

Actlyzer

この技術は富士通研究所と富士通研究開発センターによって開発されました。
事前に訓練された約100種の基本動作をディープラーニングすることにより、複雑な行動を認識できるシステムだそうです。
富士通によるとこの技術は事前に大量の映像データを学習することで、より精度高く認識できることができ認識精度は90%以上あります。
また、この技術は基本動作の組み合わせで認識を行なっているため、人の行動を簡単に予測することができ、その中でも複雑な行動の一つでもある不審な行動や購買行動の認識が可能だそうです。

容易になった導入

通常このようなディープラーニング技術は、膨大な時間と手間がかかることが多く導入が進まない原因となっていました。しかしこのシステムは、導入までの時間と手間を大幅に削減することができるそうです。
例えば、富士通が行なった実験で、屋内外で撮影された21種類の映像から不審な行動を8種類識別し、基本動作を組み合わせたルールを1日で作成できたそうです。
また、このシステムは複雑な行動を認識できる機能が備わっているため、不審者発見、購買行動、作業手順の監視が可能になり、業務やセキュリティなどの向上に役立つそうです。

【考察】簡単にできるということ

このような行動予測には膨大な資料が必要になってきますよね。
そのために資金、時間、手間をかけることを考えると、なかなか導入することができないと思っていた企業などが多かったと思います。
この技術を使ってなかなか導入に踏み出せなかった人たちが、気軽に利用できるようになる助けになるといいですね。

New AI computer vision software released by Fujitsu to ease behavior recognition training

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

Contact

お問い合わせ

人工知能・AIに関してのお問い合わせは
フォームまたはお電話にて。
フォームに必要事項をご入力の上、
「送信」ボタンを押してください。
担当者より、
回答・返信させていただきます。

人工知能・AI

すべての項目が入力必須となります。

名前
貴社名
メールアドレス
電話番号
ご予算
お問い合わせ内容

NAGOYA

名古屋オフィス

愛知県名古屋市中区丸の内1-17-19
キリックス丸の内ビル 5F

TEL:052-253-9866

Map view

TOKYO

東京オフィス

東京都中央区日本橋本町2丁目3番15号
共同ビル新本町 4階 43号室

TEL:03-3525-8640

Map view