AI(人工知能)事例集 vol.76 AIを使ってエンタープライズ検索を変える先見性
05 July,2019

AI(人工知能)事例集 vol.76 AIを使ってエンタープライズ検索を変える先見性

顧客からの問い合わせと類似した社内データをAIが自動で検索・提示してくれるAIツールについてご紹介します。

数々のスタートアップ企業の中から選ばれたAIツール

スタートアップの大型年次イベント「ディスラプト・サンフランシスコ(SF)2018」が2018年9月5~7日に、サンフランシスコ市で開催。
イベントでは、大手テック企業の幹部や著名投資家によるテーマに沿ったセッションのほか、世界中から集まったスタートアップの製品展示やデモが行われ、事前選考を勝ち抜いた企業が優勝賞金10万ドルの獲得を目指して製品・サービスを競う「スタートアップ・バトルフィールド」が実施されました。
優勝したフォアソート(Forethought、本社:カリフォルニア州パロアルト)は、ヘルプデスクで受ける質問への回答を人工知能(AI)検索エンジンが見つけて顧客サービスの作業効率を上げるプラットフォームを開発しています。

企業向けAI検索エンジン

ForethoughtのカスタマーサポートAI「Agatha」は、顧客からの問い合わせの意図をAIが理解し、社内データベースから類似するキーワードを検索してくれるサービスです。
問い合わせを自然言語処理で解析して、過去のチケットやGoogleドキュメント、ビデオなど連携させたデータから、回答に役立つ情報をオペレーターに提案。
検索と同時に、関連するコンテンツのインデックスの作成を自動で開始してくれます。

【考察】エンタープライズサーチをスマートに

企業内検索では、欲しい情報がどこに保存されているのか分からず、探し出すまでに手間がかかります。
AIを活用し企業内に散在する様々なデータを横断検索できることで、オペレーターの軽減・得られる情報の精度を上げることに期待が持てます。

 

forethoughtが開発するAI Agatha
forethoughtが開発するAI AgathaYouTube

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。
本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

mieru