Blog
人工知能・AIブログ

2019年8月21日

AI(人工知能)事例集 vol.103 森林への暴風雨による被害に人工知能がどのように役立つか

ヨーロッパでは、ポーランドが木材で生産するのと同じ数の樹木が毎年嵐で失われます。これまで、どの木が危険にさらされているかを予測するモデルは十分ではありませんでした。

ヨーロッパの現状

高強度の嵐は毎年数十億ポンドの損害を引き起こし、気候変動は将来これが悪化すると予想されます。影響を受けるのは、通勤者と世帯だけではありません。毎年ヨーロッパ全域で、商業林が暴風雨で失う木の数は、ポーランドで伐採された木材の年間量に相当します。森林の損傷は、北ヨーロッパと西ヨーロッパで特に問題になっていますが、バルト海やベラルーシのような場所もますます苦しんでいます。気候変動のおかげで、今世紀中に被害は倍増する可能性があります。
研究者はさまざまなモデリング手法を使用して、どの木が損傷の危険にさらされているかを予測してきましたが、どれも十分に正確ではありません。ただし、人工知能は大きな違いを生む可能性があります。今後、林業をより効果的に保護するための方法を示すシステムを構築しました。

ForestGALES

このような危機的状況を脱するため、ForestGALESと呼ばれるソフトウェアシステムを使用して、業界で呼ばれている樹木群の風害の確率を推定することが可能になりました。モデリング手法は、高さ、幅、および土壌タイプなどのより一般的な森林特性などに基づいて、個々の木の暴風雨による被害を予測するというものです。
これは、自然界の進化を模倣し、分類システムに入力して異なるツリーを区別しやすくするまったく新しい機能です。
フランス南西部の2つの嵐で被害を受けた森林から収集したデータを使用してテストしたところ、一方の森林では90%、他方では79%の精度でした。これはいままでのものより遥かに精度が高く画期的なものとなりました。

【考察】広がる人工知能

今回の例では、人工知能が私たちの身近な問題を解決してくれていることが分かる良い例だったのではないでしょうか。
この技術は乳がんの診断など、多くの分野で類似点があるようで、さらに問題解決の幅が広がると予想されているようです。

ForestGALES

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

Contact

お問い合わせ

人工知能・AIに関してのお問い合わせは
フォームまたはお電話にて。
フォームに必要事項をご入力の上、
「送信」ボタンを押してください。
担当者より、
回答・返信させていただきます。

人工知能・AI

すべての項目が入力必須となります。

名前
貴社名
メールアドレス
電話番号
ご予算
お問い合わせ内容

NAGOYA

名古屋オフィス

愛知県名古屋市中区丸の内1-17-19
キリックス丸の内ビル 5F

TEL:052-253-9866

Map view

TOKYO

東京オフィス

東京都中央区日本橋本町2丁目3番15号
共同ビル新本町 4階 43号室

TEL:03-3525-8640

Map view