AI(人工知能)事例集 vol.9  雨の降る夜中でも問題なく走る自動運転
24 January,2019

AI(人工知能)事例集 vol.9 雨の降る夜中でも問題なく走る自動運転

Drive.ai社は自動運転の未来のために、路上の自動車や歩行者、自転車以外にも、人間のドライバーが日々対処するさまざまな気象条件も考慮しなければいけないと考えています。今回新たに公開したこの動画は、AI(人工知能)が雨の降る夜中でも機能する性能を備えていることが証明されています。

 

動画は以下より。

AI(人工知能)の高い情報処理能力

車内から撮影された自動運転車の動画を見ると、雨の降る暗い夜という厳しい環境の中で、自動車は車線内の位置を維持してカーブを安全に曲がり、信号などの交通情報も正しく処理しており、自動運転技術で郊外の道路をどのように走行するのかを確認できました。
 

リアルタイムに変化する路面状況に対応

雨が降ると路面が濡れて表面の反射が強くなり、センサーの誤動作が増えるそうです。Cruise Automationの技術を搭載した「Chevrolet Bolt」は、上記の問題を高い次元で解決していることがわかります。

 

【考察】日々進歩する自動運転技術

自動運転技術は日々進歩しておりますが、Cruise Automationの技術を搭載した「Chevrolet Bolt」は、晴れた日であれば、交通や交通信号、さらには二重駐車したトラックにも上手く対応するそうです。この技術が確立した際は、過疎化と高齢化に悩む過疎地の路線バスに活用して欲しいですね。その現実を心待ちにしている人も多いのではないでしょうか。

 

 

drive.ai Rainy Night Autonomous DriveーYouTube
roadshow

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。
本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

mieru