Blog
人工知能・AIブログ

2020年10月14日

AI(人工知能)事例集 vol.219 夢分析におけるAIツールの活用事例

科学者たちは、メンタルヘルスの観点から、夢を分析し人々の現実の問題に対処に役立てるため、夢分析のためのAIツールを開発しているといいます。

夢を自動的に分類する技術

英国とイタリアの科学者は、人が目を覚ますときに書かれたテキストレポートである夢のレポートを分析するためのAIツールを開発しました。夢のレポートの分析は、以前は時間のかかる手動のテキストの注釈を必要としていましたが、ロイヤルソサエティのオープンサイエンス誌によると、感情を識別することに焦点を当てたアルゴリズムを使用しているといいます。

24,000件の夢のレポートのスコアリングに基づいて、「夢は日常生活で起こることの継続であるという証拠を発見しました」と、Nokia Bell Labsの上級研究員ルカ・マリア・アイエロ博士を含む著者らは述べています。「この結果により、現実の生活と夢の間のギャップを埋める技術を構築することが可能になります」

夢のレポートは、DreamBank.netという夢について書かれたの最大のオンライン公開リポジトリから取得したソースと研究研究の様々なから収集した38,000以上の夢の記述です。

夢を自動的に分類する技術によって、一般的なメンタルヘルスの自動診断や予後の指標になる可能性があるといいます。

パンデミックの影響をリアルタイムで分析

心理学者はまた、夢の分析により、戦争、自然災害、さらにはコロナウイルスの大流行などのイベントが与えている人々の精神的、健康面での影響をリアルタイムで理解することができるといいます。

Covid-19のパンデミックのような出来事は、夢に影響を与えている可能性が高く、AIによりプロセスの一部を自動化することで、専門家がより簡単に分析できるようにするといいます。

【考察】AIによる夢分析とメンタルヘルスへの活用

夢に関する研究は昔から人々の関心が深く、まだ解明されていない部分も多い分野です。

蓄積されている膨大な数の夢のレポートを分類できるAIツールは、専門家の研究を支援し、コロナウイルスなどの現象が及ぼす人々への影響を的確に把握することに繋がるかもしれません。

参照元:Scientists Imagine Worldwide Real-Time Dream Reporting Assisted by AI

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

Contact

お問い合わせ

人工知能・AIに関してのお問い合わせは
フォームまたはお電話にて。
フォームに必要事項をご入力の上、
「送信」ボタンを押してください。
担当者より、
回答・返信させていただきます。

人工知能・AI

すべての項目が入力必須となります。

名前
貴社名
メールアドレス
電話番号
ご予算
お問い合わせ内容

NAGOYA

名古屋オフィス

愛知県名古屋市中区丸の内1-17-19
キリックス丸の内ビル 5F

TEL:052-253-9866

Map view

TOKYO

東京オフィス

東京都千代田区神田錦町1-21-2
大手町モダンビルディング 4F

TEL:03-3525-8640

Map view