AI(人工知能)事例集 vol.13 16万件もの駐車違反切符の取り消しに成功した無料ソフト「Do Not Pay」
28 January,2019

AI(人工知能)事例集 vol.13 16万件もの駐車違反切符の取り消しに成功した無料ソフト「Do Not Pay」

不条理な駐車違反切符を切られたことに納得がいかず、取り消しを求めようにも手続きがとても面倒。そんなときに頼りになるのがチャットボット「DoNotPay」です。これまでにDoNotPayのおかげで400万ドル超の罰金が取り消しになったそうです。今回はそんな海外の事例をご紹介します。

 

動画は以下より。

創業者は19歳の大学生

DoNotPayは、ロンドン生まれのスタンフォード大学2年生、Joshua Browderの手によって世の中に誕生しました。「世界初のロボット弁護士」と名付けられ、ユーザーは簡単にチャットのようなインターフェイスで駐車違反切符の支払い義務ついて情報を整理した結果に基づき、上訴プロセスを案内してもらえます。

 

罰金取り消しの成功率は64%!

DoNotPayの開発者の話ですが、わずか21カ月間で同サイトから嘆願書を提出した25万人のうち16万人が、ロンドンおよびニューヨークで内容が認められ、罰金が取り消しになったそうです。これまでに帳消しとなった罰金の総額は推計で400万ドルとのこと。

 

【考察】公式的な案件に強いAI(人工知能)

罰金を申し立てるためのプロセスは比較的公式的なので、適切な助言を与えることができるAIに適しています。弁護士費用も請求されることもない「DoNotPay」。今後も同様に弱い立場の人に役立つAI(人工知能)が増えることを望みます!

 

 

DoNotPay – The World’s First Robot Lawyer – now in 1,000 legal areasーYouTube
Support The Guardian

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。
本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

mieru