Blog
人工知能・AIブログ

2020年5月15日

AI(人工知能)事例集 vol.183 クリエイティブな人々が、AIを使って新たな領域を開拓する

人間の思考というものは、常に創造性を伴います。これは、印刷機、蓄音機、カメラ、ビデオカメラ、タイプライター、ワープロ、写真編集ソフトウェア、そして何世紀にもわたって発明された他の多くのツールの開発を見ても明らかです。

創造芸術に変化をもたらすAI

TechTalksに掲載された最近の記事では、AIは人間の創造性に取って代わるのではなく、AIは創造芸術に変化をもたらしていると主張しています。

例えば、スタイル・トランスファーと呼ばれるアプリケーションを含む、AIによるアート支援があります。ニューラルネットワークが、ある画像のスタイルを別の画像にマッピングするというものです。例えば、撮った写真がゴッホの絵画のようになります。このようなスタイル転送は、ソーシャルメディアのプラットフォームで商業的に応用されています。

他の事例では、下絵を実際の写真に変換するAIアルゴリズム「Pix2Pix」があります。オランダの放送ネットワークNPOは、AIを使って人間の創作物を分析し、実物そっくりの絵画にするプロジェクトの一環としてPix2Pixを開発しました。これは、多くの創造的なAIプロジェクトで利用されてきたGAN(Generative Adversarial Network)の特殊な形式を使用しています。

Pix2Pixの生みの親であるPhillip Isola氏は、「Pix2Pixは、必要な運動能力や技術的なスキルを持っていない人々にも、創造性を表現する力を与えます」と述べています。科学とアートの融合を可能にし、挑発的で、感情的で、説得力のある方法でデータを表示する手段を提供するのです。

AIが人間の創造性に取って代わるかという議論

AIが人間の創造性に取って代わるのかという議論が続いています。欧州特許庁は最近、食品容器を記載した出願を、AIが作成したものだからと却下しました。

南デンマーク大学テクノロジー・イノベーション・マネジメント准教授のTim Schweisfurth氏とデンマークのオーフス大学テクノロジー・イノベーション研究教授のRené Chester Goduscheit氏が執筆したFast Companyの記事の中でも、発明者は実際の人間でなければならないとしています。

しかし、「機械がクリエイティブな領域で人間に取って代わることができないとしても、機械は人間の創造性を補完する大きな助けになる。」と言います。

創造的なプロセスにおけるAIの使用は、ScienceDirectに掲載された最近のアカウントの著者たちによって「イノベーション・アナリティクス」と呼ばれていますが、彼らもまた、AIは代替的な役割ではなく、サポートの役割であると考えています。

詩と物理学の相互作用

詩と物理学の相互作用は、詩人エイミー・カタンツァーノが「World Lines.A Quantum Supercomputer Poem」を制作したときに追求したものです。この詩は、トポロジカルな量子コンピュータの背後にある量子理論を、言葉の選択と視覚的な構造の両方で翻訳したもので、カタンザノはこれを量子詩学と呼んでいます。

「World Lines」は段階的に進行しており、第一段階はほぼ完成しています。フェーズ2ではさらに量子スーパーコンピューターの詩を書き、フェーズ3ではWorld Linesを3D環境とアートインスタレーションにするための作業を行っています。2019年8月、CERNを訪問した際に、彼女はCERNのメディアラボの責任者であり、マルチメディア・ストーリーテラーでもあるジョアオ・ペケナンと、彼女の目標について話をした。彼は、ゲーム技術、AI、機械学習、バーチャルリアリティソフトウェアを使って、詩を3D環境に持ち込むことを提案しました。

Pix2Pixを使って、肖像画を受賞絵画に変換したアーティストのマリオ・クリンガーマン氏は、AIを搭載した機械は人間よりも創造する機会が多いと見ています。人間は学習したものの上に構築しますが、機械はゼロから創造することができるからです。「私は、機械がむしろ異なる種類の創造性を持ち、異なる扉を開くことを願っています」と彼は述べています。

【考察】芸術の可能性の幅を広げるAIの未来

創造性やアイディアは、人間の特権とされ、そこにAIが介入することについては、議論を呼ぶ問題でもがあります。

しかし、創造活動のサポートとしてのAIの役割は、大きな可能性を秘めており、すでに様々な分野で開発が進められています。

何より、人間とはまったく異なる新たな分野としての、AIによる創造性という大きな可能性が、私たちの感受性をより豊かにする未来が来るかもしれません。

参考:https://www.aitrends.com/emerging-ai-technology-or-ai-in-creative-arts/creative-people-using-ai-to-explore-new-territory/

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

Contact

お問い合わせ

人工知能・AIに関してのお問い合わせは
フォームまたはお電話にて。
フォームに必要事項をご入力の上、
「送信」ボタンを押してください。
担当者より、
回答・返信させていただきます。

人工知能・AI

すべての項目が入力必須となります。

名前
貴社名
メールアドレス
電話番号
ご予算
お問い合わせ内容

NAGOYA

名古屋オフィス

愛知県名古屋市中区丸の内1-17-19
キリックス丸の内ビル 5F

TEL:052-253-9866

Map view

TOKYO

東京オフィス

東京都千代田区神田錦町1-21-2
大手町モダンビルディング 4F

TEL:03-3525-8640

Map view