Blog
人工知能・AIブログ

2019年11月21日

AI(人工知能)事例集 vol.125 AIがコーヒー農家の作物管理を支援

農業プロジェクトの一つとしてAIがコーヒー農家の作物管理を支援できる事例を紹介します。

共同開発

ヨーロッパの研究者はコーヒー農家の収穫量を増やし、バリューチェーンを拡最適化することで、世界の食料供給を強化することを目的としたプロジェクトFARMというプラットフォームを開発しました。
このプロジェクトFARMはケニアのコーヒー農家を支援する為に使用され、東アフリカを拠点とする企業のAgricsと共同で構築されます。

AIが与える機能

このAIはCopernicusデータおよび情報アクセスサービスからの衛星データに加えてAgricsから提供されたファームデータを分析する為に使用されます。
それにより、生産を最適化するための方法についてのアドバイスを農家に提供することができるそうです。
そしてこのアドバイスはSMSでも送信することが可能で例えば、作物に甚大な被害を与える雷雨が翌日に迫ってきたときに、警戒をする為の警告を発することができます。
また、Agricsはデータを使用することで各農家と、その投資に影響を与えるリスクを予測することができるそうです。

【考察】続く課題

フェアトレードなど、以前からコーヒーの生産過程において様々な問題が挙げられており解決にいたっていない状況にいます。
AIを使って安定した供給や、リスクから逃れることができたらコーヒー農家にとっても消費者にとっても良い影響が与えられると思います。
いつかその問題点がAIの力によって解決される日がくるといいですね。

Project FARM: AI will help to ensure you can still get your coffee fix

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

Contact

お問い合わせ

人工知能・AIに関してのお問い合わせは
フォームまたはお電話にて。
フォームに必要事項をご入力の上、
「送信」ボタンを押してください。
担当者より、
回答・返信させていただきます。

人工知能・AI

すべての項目が入力必須となります。

名前
貴社名
メールアドレス
電話番号
ご予算
お問い合わせ内容

NAGOYA

名古屋オフィス

愛知県名古屋市中区丸の内1-17-19
キリックス丸の内ビル 5F

TEL:052-253-9866

Map view

TOKYO

東京オフィス

東京都中央区日本橋本町2丁目3番15号
共同ビル新本町 4階 43号室

TEL:03-3525-8640

Map view