AI(人工知能)事例集 vol.1 「人手不足問題をAI(人工知能)導入で改革に取り組むクリーニング会社」
16 January,2019

AI(人工知能)事例集 vol.1 「人手不足問題をAI(人工知能)導入で改革に取り組むクリーニング会社」

 

世の中どこも人手不足問題が浮き彫りになっておりますが、今回は人手不足で経営が厳しい状況に追い込まれた、クリーニング店オーナーの田原大輔さんがAI(人工知能)導入に至った事例「AI(人工知能)で創る未来 – 地方の人手不足を解決するために。あるクリーニング店の挑戦。」をご紹介します!

 

動画は以下より。

Ai(人工知能)でクリーニングの受付業務をセルフ化!

田原さんが経営するクリーニング店がある福岡県田原市では少子高齢化が進んでおり、人手不足という深刻な問題と直面していました。そんな中、2015年にGoogleがオープン化したTensorFlowという仕組みによって状況が一変。本来人間が行なっていたクリーニングする洋服の種類の選別をAI(人工知能)が判別し、セルフで受付するシステムを開発。導入に至りました。

 

各スタッフの業務時間が確保できた!

AI(人工知能)導入で、お客様がセルフで商品を受付するになった結果、社員はお客様と会話するなどコミュニケーションを取れるように、工場スタッフも作業時間を確保できるようになりました。

 

【考察】将来は配達もAi(人工知能)で?!

今回は、クリーニングの受付業務をAI(人工知能)で解決というお話でしたが、将来的には自動運転の車が自宅の前まで商品を回収し、クリーニング後はお届けまでしてくれるところまでAi(人工知能)で管理できるかも?! アイデア×AI(人工知能)でみんなHappyに!

 

Aiで創る未来 – 地方の人手不足を解決するために。あるクリーニング店の挑戦。ーYouTube
ITmedia エンタープライズ

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。
本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

mieru