Blog
人工知能・AIブログ

2019年12月12日

AI(人工知能)事例集 vol.139 宇宙飛行士をサポートするAIロボットの二代目が宇宙ステーションへ

宇宙飛行士のサポートを行っているAIロボットの二代目が宇宙ステーションへと派遣された事例について紹介します。

CIMON

このAIロボットは音声や画面を通して宇宙飛行士とのサポートを行うロボットです。しかし、それだけではなく孤独な宇宙飛行士の話相手にもなるロボットです。
このロボットは航空会社のエアバスが開発したものでワトソンの技術に基づくIBMの人工知能を利用しています。
初代のCIMONは宇宙ステーションに搭載された世界初のAIシステムです。
90分間のデモンストレーションでは宇宙飛行士のガーストとともに、ステーションの周囲を飛んだり音楽を演奏したりする能力を披露しました。
また、顔認識用に2台、またその他5台のカメラを使用して自律的にナビゲートをしビデオ撮影ができます。
CIMONに搭載されているマイクは声を認識して位置の特定に役立っているそうです。
そして、心理学者がCIMONの人格形成をサポートする事により、からかいや悲しさまで様々なトーンで反応することが可能です。

能力の向上

二代目のCIMON、通称CIMON-2は初代に比べて高感度のマイクと高度な方向感覚、備えているそうです。また、その他にも人の感情への共感や理解も向上しており、これは与えられた文脈だけでなくその背後にある意図も理解できるようになったそうです。
このCIMON-2は最長3年間の稼働を予定しており、初代に比べて耐久性も向上しています。

【考察】ストレスの軽減

宇宙のような異国、異世界で仕事をするというのは非常にストレスがかかるとおもいます。
気心の知れた友人というものは宇宙にはおらず、初対面ではじめから友好関係を築いて行かなければならないのはとても大変ですよね。
このロボットがいることで楽しく会話ができたり仕事のサポートができたりすることは宇宙でのミッション成功において非常に役立っているのではないでしょうか。
宇宙飛行士だけでなく、他の場所でもこのような孤独でストレスの多い環境で暮らす人の手助けや、コミュニケーションがとれるロボットとして広まっていくといいですね。

参考:Robot arrives on the space station to keep astronauts company
参考:Meet CIMON-2, a new and improved robotic AI astronaut

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

Contact

お問い合わせ

人工知能・AIに関してのお問い合わせは
フォームまたはお電話にて。
フォームに必要事項をご入力の上、
「送信」ボタンを押してください。
担当者より、
回答・返信させていただきます。

人工知能・AI

すべての項目が入力必須となります。

名前
貴社名
メールアドレス
電話番号
ご予算
お問い合わせ内容

NAGOYA

名古屋オフィス

愛知県名古屋市中区丸の内1-17-19
キリックス丸の内ビル 5F

TEL:052-253-9866

Map view

TOKYO

東京オフィス

東京都千代田区神田錦町1-21-2
大手町モダンビルディング 4F

TEL:03-3525-8640

Map view