Blog
人工知能・AIブログ

2019年2月1日

AI(人工知能)事例集 vol.17 AI(人工知能)が野球の試合を自動執筆

米ニューヨークのAP通信(The Associated Press)は、米国内外で280カ所に拠点を構える、世界的な通信社のひとつですが、2014年以降は、米ノースカロライナ州のスタートアップ企業「Automated Insights」との提携のもと、企業決算ニュースを中心に記事生成の自動化を進め、これまでに3500本を超える記事を自動生成しています。

 

動画は以下より。

マイナーリーグの試合ニュースを自動生成

AP通信は、2016年6月、自動生成する記事のジャンルをさらに拡大させるべく、AI(人工知能)とビッグデータ解析を応用した「Automated Insights」の自動記事生成ソリューションを通じて、これまで扱ってこなかった米マイナーリーグの記事を配信することを明らかにしました。

 

増加するAI(人工知能)ロボット記者

APの野球編集者およびレポーターは、「Automated Insights」と密接に協力して、APの野球の報道に関するニュースの判断および基準に準拠するように構成しました。対象となるのは、米MLB(メジャーリーグベースボール)傘下の「AAA(3A)」、「AA(2A)」および「クラスA」に所属する13リーグ、142チーム。発行されたレポートはMiLB.com、マイナーリーグ野球の公式ウェブサイト、および対象チームの公式サイトにも掲載されます。「Automated Insights」が独自に開発した自動記事生成ソリューションは、ヤフー(Yahoo!)やサムソン(Samsung)など、他の大手企業でも導入され、1年間に合わせて15億本のテキストコンテンツが自動生成されています。

 

【考察】躍進を続けるビッグデータ時代

ビッグデータ解析や人工知能を活用した、ヒトの労力をかけずに記事を作成する、いわゆる「ロボットジャーナリズム」が徐々に広がりを見せはじめています。2010年ごろから始まったとされるビッグデータの解析ですが、世界的に成功している企業がビッグデータに関する基礎技術に投資をしているのは偶然ではないと思われます。

 

 

AP’s Minor League Baseball Coverage to Be Written by RobotsーYouTube
AP expands Minor League Baseball coverage

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

Contact

お問い合わせ

人工知能・AIに関してのお問い合わせは
フォームまたはお電話にて。
フォームに必要事項をご入力の上、
「送信」ボタンを押してください。
担当者より、
回答・返信させていただきます。

人工知能・AI

すべての項目が入力必須となります。

名前
貴社名
メールアドレス
電話番号
ご予算
お問い合わせ内容

NAGOYA

名古屋オフィス

愛知県名古屋市中区丸の内1-17-19
キリックス丸の内ビル 5F

TEL:052-253-9866

Map view

TOKYO

東京オフィス

東京都中央区日本橋本町2丁目3番15号
共同ビル新本町 4階 43号室

TEL:03-3525-8640

Map view