Blog
人工知能・AIブログ

2020年1月10日

AI(人工知能)事例集 vol.148 天候悪化に対応したAIツールをデルタ航空が開発、運行の改善の取り組み

デルタ航空が天候悪化による影響を改善するためにAIツールを開発した事例を紹介します。

AI機械学習ツール

デルタ航空の業務及び、顧客センターで開発中のバスティアン社はこのAI機械学習ツールの具体的な製品名を明らかにしませんでしたが「乗客や乗務員が日々の飛行ルートに影響を与える天候の変化に対応し支援するプロプライエタリツール」と呼んでいるそうです。
「このツールは運用データを使用してシナリオを制作することにより、運行の結果を予測すると同時に、1000機以上の飛行機が空を飛んでいる世界規模の運営に関する全ての変数をシュミレートする。」とデルタ航空のCEOのバスティアン氏が語っています。
この新しいツールの利用は春頃を予定しており、天候やその他の制御が不可能な環境要因によって引き起こされる大規模な混乱を想定し、その後の対応の意思決定を下すために仮想的な結果を作り出すことが出来ると説明しています。
このツールの重要な側面は機械学習を利用することで、天候による混乱の影響から学習をし、従業員がより良い判断を下せるようになることだそうです。

乱気流

デルタ航空は乱気流が発生する場所を予測しながら飛行経路を3次元で見ることができる、フライト気象ビューワーのタブレットアプリケーションも開発したそうです。
乱気流を回避する機能がデルタ航空で初めて導入されたのは2016年のことでしたが、同社は現在も乱気流回避の利用方法を改善しており、AIと機械学習を活用した事業構造全体を前進させる上で焦点になるそうです。
バスティアン氏は「乱気流の事例は増え続けており、お客様と従業員に大きな影響を与えています。私達はフライト気象ビューワーを使って乱気流の影響を減らすことができました。私達が開発したアプリで飛行経路に沿った乱気流やその他の気象情報を視覚化し、これを使えばパイロットはより正確にコースを調整できます。」と語っています。

【考察】予測できないものに対応

飛行機が天候悪化によって急遽欠航したりすることがありますよね。
また、フライト前の欠航だけでなくフライト中に天候不良の空域に進行すると機体が激しく揺れることがあるので不安に感じてしまうことがあり、天候による影響というものはとても大きいと思います。
そんな状況に対応すべくこのようなシステムが広く活躍していくといいですよね。
デルタ航空では春頃に活用予定とのことなのでどのような結果が出るか期待しています。

参考:Delta Develops Artificial Intelligence Tool to Address Weather Disruption, Improve Flight Operations 

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

Contact

お問い合わせ

人工知能・AIに関してのお問い合わせは
フォームまたはお電話にて。
フォームに必要事項をご入力の上、
「送信」ボタンを押してください。
担当者より、
回答・返信させていただきます。

人工知能・AI

すべての項目が入力必須となります。

名前
貴社名
メールアドレス
電話番号
ご予算
お問い合わせ内容

NAGOYA

名古屋オフィス

愛知県名古屋市中区丸の内1-17-19
キリックス丸の内ビル 5F

TEL:052-253-9866

Map view

TOKYO

東京オフィス

東京都中央区日本橋本町2丁目3番15号
共同ビル新本町 4階 43号室

TEL:03-3525-8640

Map view