AI(人工知能)事例集 vol.106 AIが作成した、フェイク顔写真の精度
26 August,2019

AI(人工知能)事例集 vol.106 AIが作成した、フェイク顔写真の精度

コードの入力、指紋認証システム、そして顔認証システムと、認証システムは変化し続けています。
認証システムでも利用されるようになった唯一無二の顔です。
そんな顔をAIが作成し、この世には存在しないはずの顔を、生きている人間が判定するという事例を紹介します。

実在していそうなのに…実在しない顔

上の画像をご覧ください。
「全員この世界には存在しない方たちです!」と言われた時、信じられますか。
きっと信じられないはずです。
どのパーツを見て、「存在しない!」と判断することができるのか分からないですよね。
しかし、「このパーツが違いますよ!」と言われても信じることができないと思います。

偽物が横行する未来に対する備え

顔認証システムはセキュリティー、犯罪捜査、チケット転売システムなどでの利用例があります。
今回、開発されたフェイク顔写真判定ゲームは「簡単に偽の顔写真が作れる」という
警鐘の意味も感じられます。

【考察】フェイク画像の研究と今後の活用

フェイク画像の精度が向上されることにより、マイナスなイメージを持たれる方が多いと思いますが、
逆にどのような点で人間が騙されてしまうのかというデータを溜めることができれば、様々な場面で
役立つかもしれないですね。

AIが作成した、フェイク顔写真の精度

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。
本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

mieru