Blog
人工知能・AIブログ

2019年4月4日

AI(人工知能)事例集 vol.50 AI(人工知能)で農薬の使用料を20分の1に

すでにいくつかの企業が農業にAI(人工知能)の開発を進めておりますが、今回はAI(人工知能)で雑草をスキャンし、ピンポイントで農薬を散布することで農薬費用を節約するビジネスモデル開発の事例をご紹介します。

 

動画は以下より。

各企業が開発を進める農薬散布技術への取り組み

米国のトラクター会社Deere&Co.が昨年3億5000万ドルで買収したシリコンバレーの新興企業「Blue River社」は、AI(人工知能)が雑草と作物を区別し、必要な場合にのみ除草剤を噴出させるための車載カメラを使用した機械を開発しました。現在、広大な敷地に散布されている除草剤ですが、様々な企業がこの量を減らすことが新たなビジネスモデルとして注目されており、開発が進んでおります。

 

AI(人工知能)が除草剤の使用量を20分の1に減らす

動画で紹介させていただいたのは、スイスの新興企業「ecoRobotix社」による自律除草機の試作品ですが、こちらもBlue River社の製品同様、AI(人工知能)が作物と雑草を見分けピンポイントで除草剤を散布するのですが、こちらは自走する設計になっております。この技術によって除草剤の使用量を20分の1に減らすことができ、市場に投入されるのは秒読みとのことです。

 

【考察】AI(人工知能)は環境にも優しい

除草剤の量を大幅に減らすことができれば、生産性の観点から農家にとって非常に魅力的なものになります。それはまた環境にやさしいことでもあり、消費者にとっても食の安全を高められることでもあるので、日本国内の早期導入に期待したいです。

 

 

AI Helps This Robot Reduce Herbicide UseーYouTube
tribune

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

Contact

お問い合わせ

人工知能・AIに関してのお問い合わせは
フォームまたはお電話にて。
フォームに必要事項をご入力の上、
「送信」ボタンを押してください。
担当者より、
回答・返信させていただきます。

人工知能・AI

すべての項目が入力必須となります。

名前
貴社名
メールアドレス
電話番号
ご予算
お問い合わせ内容

NAGOYA

名古屋オフィス

愛知県名古屋市中区丸の内1-17-19
キリックス丸の内ビル 5F

TEL:052-253-9866

Map view

TOKYO

東京オフィス

東京都中央区日本橋本町2丁目3番15号
共同ビル新本町 4階 43号室

TEL:03-3525-8640

Map view