Blog
人工知能・AIブログ

2020年11月4日

AI(人工知能)事例集 vol.222 カジノ業界でのAIの需要

カジノやオンラインゲームの運営者は、利益の最大化から、問題のあるギャンブラーの支援に至るまで、AIを取り入れているといいます。

ゲーム業界の運営管理に活用されるAI

ゲーム業界は効率性を高め、顧客に便利さを提供するために自動化を進めています。現在では、対面とオンラインのカジノやギャンブル業界にAIが適用され、複数のユーザーが異なる場所から同時に同じゲームをプレイすることができるようになるなど、より進歩しているといいます。

LA Progressiveの最近のアカウントによれば、AI導入のその他の利点としては、オンラインギャンブル規制に基づくコンプライアンスを追跡できること、ギャンブルの嗜好に関するデータを収集して予測を可能にすること、顧客にカスタマイズされたサービスを提供できることなどが挙げられるといいます。

カジノとホテルの会社ソルベルデのディレクター、アメリコ・ルレイロ氏は、CasinoBeatsのアカウントで次のように述べています。「私たちが力を入れているのは、顧客体験、つまり勝利体験を増やすことであり、それが収益につながっています。近い将来、オペレーターがAIの助けを借りずに運営を管理することはないと思います」

「私たちの計画は、今後3年間、私たちの業務にAIを導入し、そこから利益を得ることです。これはごく初期の段階です」

スタートアップ企業のRootzは、インターネットゲームの専門家によって2018年に結成されました。「プラットフォームの設計を開始したとき、AIを思考の中心に据えました。」と、Rootzのチーフデータオフィサーであるエドヴィナス・スバシアス氏は述べています。「レコメンドエンジンを行うことで、プレイヤーの回転率や支出を最大5%向上させることができることがわかっています。同時に、AIを適用してボーナスコストやプロモーションの価値を管理することで、プレイヤーの生涯価値を10%から20%、実際の支出の4倍にまで高めることができます。」

スバシアス氏は、人員数の指標でAIのメリットを計算しました。自分の会社の従業員は70人で、300人から500人の従業員を抱える他の会社と同等のオペレーションを行っていると述べています。

ゲーム業界は長年にわたって顧客や市場からデータを収集してきましたが、今ではAIや機械学習を活用してビジネス目標を前進させています。次のステップは、ビッグデータと機械学習を活用することだといいます。

問題のあるギャンブラーを特定するAI

ノルウェーの国営ギャンブル会社であるNorsk Tipping社は、問題のあるギャンブラーを特定するための行動分析をAIを活用してソフトウェア・プロバイダーと共同で行っているといいます。

220万人いるNorsk Tippingの顧客は、本人確認の上アカウントを持っており、ゲームプレイ頻度や獲得賞金を追跡し、必要に応じてプレイ制限を設定できるようになっています。「Norsk Tipping社はギャンブルによる負の結果を防ぐため、問題のあるギャンブルを防ぐためにAIを活用しています。」と、ギャンブル担当アドバイザーであるTanja Sveen氏はNorsk Tipping社のブログで述べています。

Norskは、Playscanという会社のゲーム行動分析ツールを使っています。この分析ツールは、リスクのある賭博パターンを明らかにし、リスク評価のフィードバックを顧客に提供し、予防策を提案することを目的としています。

また、Norsk社は、ギャンブル依存症の顧客をへの電話での警告にAIを使用しているとのことです。電話で顧客はギャンブルへの支出に関する情報を聞くことが出来、その結果、顧客の賭博限度額が減額される結果が出ています。

【考察】カジノ業界の顧客体験を高め、ギャンブルリスクを減少させるAI

顧客の行動を追跡し、分析することを得意とするAIは、カジノ業界の運営管理において大いに活用されています。

日本においても、カジノ誘致の動きや、それに付随するギャンブルの危険性の議論が続いています。

AIを適切に活用すれば、顧客のギャンブル依存のリスクをおさえることができるかもしれません。

参照元:AI of Growing Importance to Gaming Industry

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

Contact

お問い合わせ

人工知能・AIに関してのお問い合わせは
フォームまたはお電話にて。
フォームに必要事項をご入力の上、
「送信」ボタンを押してください。
担当者より、
回答・返信させていただきます。

人工知能・AI

すべての項目が入力必須となります。

名前
貴社名
メールアドレス
電話番号
ご予算
お問い合わせ内容

NAGOYA

名古屋オフィス

愛知県名古屋市中区丸の内1-17-19
キリックス丸の内ビル 5F

TEL:052-253-9866

Map view

TOKYO

東京オフィス

東京都千代田区神田錦町1-21-2
大手町モダンビルディング 4F

TEL:03-3525-8640

Map view