Blog
人工知能・AIブログ

2020年3月2日

AI(人工知能)事例集 vol.156 NVIDIA、AI技術で自動運転車などの輸送業界を支援する取り組み

NVIDIAがAIを活用することで自動運転車などの運送業界を支援している事例について紹介します。

NVIDIA DRIVE

NVIDIA DRIVEは自動運転車の開発に活用が可能なAIプラットフォームです。
自動車メーカー、トラックメーカー、ロボットタクシーなどの企業や関連するソフトウェア、大学など様々な場所で利用されています。
NVIDIA DRIVEは多くのディープランニングネットワークを使用しておりセンサーなどを活用することで車周辺の環境や状況を把握し、安全に運転可能な経路の計画を立てることが出来ます。
また、エコシステムのカスタマイズが可能なことで、自動運転システムの堅牢性や機能が向上するそうです。

今後の開発について

NVIDIAは長年に渡り輸送業界向けのディープランニングネットワークへのアクセスを提供をすると共に、開発者の独自にディープランニングネットワークのカスタマイズが可能とする高度なツールを提供することを発表したそうです。
この機能は能動学習、連合学習、転送学習を使用しながらディープランニングネットワークの訓練をより多く可能になるそうです。
能動学習はデータ収集コストの削減しながら精度の改善。連合学習は企業がデータのプライバシーを侵害することなく、国や他の企業との間でデータを使用できるようにするそうです。これにより、各企業の知的財産権が保証されるそうです。

【考察】自動運転車の普及に向けて

現在ニュースなどで耳にすることの多い自動運転車ですが、AIの精度が向上することに期待が高まりますよね。
このAIシステムはとある一部の企業や開発者だけに提供されるものではなく、様々な企業や開発者など使用可能なものです。自動運転車だけではなく様々な業界への参入へも期待ができそうですね。このAIシステムがどの場所でどのように活躍していくか楽しみです。また、高精度で事故のリスクが限りなく低い自動運転車の普及も待ち遠しいですね。

参考:https://cleantechnica.com/2020/03/01/nvidia-helps-transportation-industry-with-ai-technology/
参考:https://www.nvidia.com/ja-jp/self-driving-cars/drive-platform/

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

Contact

お問い合わせ

人工知能・AIに関してのお問い合わせは
フォームまたはお電話にて。
フォームに必要事項をご入力の上、
「送信」ボタンを押してください。
担当者より、
回答・返信させていただきます。

人工知能・AI

すべての項目が入力必須となります。

名前
貴社名
メールアドレス
電話番号
ご予算
お問い合わせ内容

NAGOYA

名古屋オフィス

愛知県名古屋市中区丸の内1-17-19
キリックス丸の内ビル 5F

TEL:052-253-9866

Map view

TOKYO

東京オフィス

東京都千代田区神田錦町1-21-2
大手町モダンビルディング 4F

TEL:03-3525-8640

Map view