Blog
人工知能・AIブログ

2020年1月8日

AI(人工知能)事例集 vol.147 致死性のある猫の病気を察知するのに役立つAIトイレ

AIを活用してトイレの状態を観察することによって病気を察知するAIについて紹介します。

AIトイレ「LuluPet」

このトイレボックスにはAIカメラの他、赤外線センサーも搭載されており、猫の排便回数や重さだけではなく、便の異常までも検出することができるそうです。そして、データの分析の結果、異常が発見された場合は飼い主が持つスマートフォンなどにアラートが届きます。これにより、飼い主が見ていないところでもAIが猫の状態を常に監視することで病気の予防や察知が可能になり、猫の健康状態の管理に役立ちます。
LuluPetはAIを更に発展させることで、健康状態の初期診断を行うことも計画しているそうです。

猫の死因

猫の死因トップ10のうち7つは糞便関連だそうで、ブリストルスケールによると猫の便は便秘から下痢まで7つのカテゴリーに分類されるそうです。
便秘は腫瘍の圧迫によって引き起こされることがあり、また下痢の症状は腎不全のような一般的な全身疾患の可能性があります。
そして猫は自分の病気を隠す傾向があり、それにより飼い主が病気を疑い病院へ連れて行くまでには猫は腎臓の約70%損傷しているそうです。
またその後の医療費は900ポンド以上(約13万円)かかるかもしれないとも言われています。
そのためこのAI認識トイレは手遅れになる前に猫の致死性疾患を検出するのに役立つはずだと考えているそうです。

【考察】AIを活用した健康管理

ペットは大事な家族ですよね。
しかし、弱みを握られないように動物は体の不調を隠すことが多くあり気づいてあげられず、飼い主が違和感を覚える頃には既に手遅れだったということも珍しくはありません。
こんなことを未然に防ぐことが出来るシステムとして今後活躍していくことを期待しています。

出典:The new AI litter box that could help detect deadly diseases in cats before it’s too late
出典:Lulupet Ai智慧貓砂盆

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

Contact

お問い合わせ

人工知能・AIに関してのお問い合わせは
フォームまたはお電話にて。
フォームに必要事項をご入力の上、
「送信」ボタンを押してください。
担当者より、
回答・返信させていただきます。

人工知能・AI

すべての項目が入力必須となります。

名前
貴社名
メールアドレス
電話番号
ご予算
お問い合わせ内容

NAGOYA

名古屋オフィス

愛知県名古屋市中区丸の内1-17-19
キリックス丸の内ビル 5F

TEL:052-253-9866

Map view

TOKYO

東京オフィス

東京都千代田区神田錦町1-21-2
大手町モダンビルディング 4F

TEL:03-3525-8640

Map view